Identità イデンティタ

wine012

Identità イデンティタ

(wine012)

ワインデータ

ワイナリー Specogna(スペコーニャ)
生産地 Friuli-Venezia Giulia(フリウリ ヴェネツィア ジュリア州)
原産地呼称 Colli Olientari del Friuli D.O.C
葡萄品種 フリウラーノ 70%,マルヴァジア 15%,リボッラジャッラ 15%
収穫年 2013
タイプ 白 ボディのある辛口
アルコール度数 13%

ワイン醸造について

全てのブドウ品種を同じ時期に手作業で収穫し、10kgごとに箱に入れます。
ソフトプレスにて搾汁後空気に触れることなく7~8℃に冷却し果皮と共に24時間醸します。
500リットルのオーク樽にて(土着の酵母と共に)発酵、続いて1,500リットルのオーク樽で
1年間熟成させます。
ステンレスタンクに移しさらに1年間熟成、その後瓶詰をして1年間置いてからリリース。

コメント

緑色を帯びたはっきりとした黄色。複雑な香りを持ち甘みやスパイス、柑橘系、アーモンド、くるみの皮、トロピカルフルーツ、白桃、セージ、白コショウ等バラエティーに富んでいます。
力強い味わいで果実のアロマときれいな酸味、後味にはアーモンド、トロピカルフルーツの風味が長く残ります。
生ハムやソーセージ、魚料理、チーズと良く合います。サーヴィス温度12~14℃。

生産者について

Azienda Agricola Specogna
(アジェンダ アグリーコラ スペコーニャ)
1963年にレオナルド スペコーニャがフリウリのブドウ畑の中心部にあるロッカ ベルナルダ ・ コルノ ・ ディ ・ ロザッツォの丘の上の土地を買ったのが始まりで、その後3代に渡りワイン造りを勤しみ、伝統と過去からの教訓、現代の技術をミックスすることによりその品質を向上して行きました。
この土地は海から来るBora(ボーラ)と呼ばれる暖かい風とスロヴェニア方面の山から吹く風がぶつかる場所でその寒暖差がワインにとっては理想の場所になっております。ブドウの最高の品質を維持するために収穫して搾汁後は温度調節が出来る特殊なパイプを通って同じく温度調節が出来るタンクに直接送り込まれます。
スペコーニャの目標はブドウの質の高さを可能な限り保つこと、さらにはブドウの品種の特性を最大限に生かすこと目指しております。

Identità イデンティタ
在庫状態 : 在庫有り
¥5,184(税込)
数量